胃のトラブルは定期的な検査による早期発見が重要です。胃の検査とは超小型のカメラで食堂や胃の中の様子を、テレビ画面に映し出して観察する検査で、胃内視鏡検査と言います。ピロリ菌や胃がんなどの早期発見に役立ちます。検査手順は、まず口内麻酔をして胃の動きを抑えて、胃液の分泌を抑制します。そして小型カメラが口の中から入ります。細いファイバーを使用するので痛みもありません。モニターを見ながら診察していきます。テレビ画面では患部に色がつくことで胃の状態がわかりやすくなっています。胃カメラのメリットは余計な部分を一切押さずに確かな技術で、食道に入り患者の負担にならないことです。検査は10分ほどです。胃や食道の病気は、早期に発見できればほとんど完治させることができるので、胃もたれや未消化物逆流感など感じた場合は早めに受診しましょう。

身体を守る、胃カメラ。

普段は気にもとめないことに、健康があります。特に内臓の疾患はわかりづらく、素人では判断がつかない場合が殆どです。健康診断などでも、ある程度の健康状態は判りますが、重要な疾患は、より、細かな検査をしなければ判明しないことが殆どです。胃カメラは、専門の医師によって検査される器具ですが、実際に検査をするためには病院に出向き、診察をしてもらう必要があります。自治体によっては、より、検査を受けやすくする取り組みを行っており、予定を組めば検査出来るようになりました。しかし、仕事が忙しい世代の人は、会社の配慮がなければ中々、検査を受けられないことがあります。働き盛りの人の健康を守ることで、社会的に貢献できますから、企業は従業員に対して配慮することが大切です。胃カメラを受けやすくすることで、さまざまなリスクが軽減されます。

胃カメラを少しでも楽に受けるには?

人の胃は、食の習慣やストレス等による大小の影響を受けています。身に覚えのある方もそうではない方も、胃カメラを一度受けてみたい、でも怖いなあと感じていませんか。最近では内視鏡の苦痛を少しでも和らげるため、様々な工夫がされています。基本的に、口から喉へカメラを通す際に人はどうしても異物感を覚え、それが苦痛へと変化してしまいます。そのため、病院によっては希望者に弱い麻酔を処方することもあり、僅かな時間でさほど苦痛もなく、検査できるようになりました。しかし、そういった病院は限られています。その理由としては、時間不足と回復室の不足が挙げられます。大きな病院では連日大勢の人が診察に訪れ、一人一人に時間を割きにくいのが現状です。かといって規模の小さな病院では、麻酔が覚めるまで安静にするためのスペースが足りないという問題を抱えがちになり、単に病院の見た目だけでは内容の判断がし辛いところです。不安な方は一人で悩まず、ガイドブックやインターネットでなるべく的確な情報を得た上で早期治療に繋げることが大事です。

 Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

アーカイブ

2017年8月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

  • カテゴリーなし