会社で年に一度健康診断を受けてはいましたが、じっくりと検査を受けてみようと思って、人間ドックを予約しました。色んな病気にかかった事があったので、色んな検査を受けた事はあったのですが、胃カメラは初めてで、とても緊張しました。痛いイメージがあったので、痛かったら嫌だなと思っていたのですが、全く痛む事は無く、少し気持ち悪いなと言う感覚はありましたが、先生の腕が良かったのか、予定通りにすぐに終わりました。そして検査の結果、ポリープが見つかり、すぐに切除してもらう事が出来ました。小さなポリープだったみたいで、それも悪い物ではなかったので、特に大きな手術になる事も無く良かったです。ただほっておくと大きくなっていたかもしれないと言われたので、定期的に胃カメラを受けて診てもらう事は大切だなと思えました。ポリープを早く発見出来てよかったです。

胃カメラについての知識

胃カメラは、鼻や口から、体内に内視鏡を挿入することで、胃の内部を検査します。痛みや、もたれなどの症状から、症状の原因や病気を検査する場合や、健康診断などで使われます。胃ガンの検査としても重要です。このように重要な検査方法ですが、前日の夕方頃から絶食して準備をしたり、検査自体に負担があることから、なかなか大変な検査でもあります。また、医師の腕によって、検査での負担や、正確な症状の診断ができるかが左右されます。そのため、この検査について良い腕をもった医師を探すのも重要です。そのための目安として、学会が設けている専門医制度があります。専門医の資格を習得している医師であることが一つの目安になります。実際に検査を受ける際のコツは、体の力を抜いてリラックスすることです。腹部を締め付けない服装だとより楽になります。

初めてする胃カメラ検査について

バリウムを飲むレントゲン検査を受診することは一般の健康診断で良くあることです。一定の年齢に達すると検査項目に記載されています。より詳細に胃の状態を検査するとなると、胃カメラによる検査が行われていましたが、現在はより高度な装置である内視鏡検査が主流です。内視鏡とは厳密には異なりますが、同じ意味で使われる傾向にあります。これは一般的に浸透している言葉を使った方が分かりやすいという配慮があるのと、医師が限られた時間で診察を行わなければならない理由から、内視鏡検査のことを胃カメラと表現して伝えるケースがあるためです。過去にあった胃カメラに比べ内視鏡は小型化が進み、患者への負担が劇的に低減しています。嘔吐反射、いわゆる「オエ」となる苦しさはありますので、経鼻内視鏡が使われる場合もあります。内視鏡は患部を観察するだけでなく、病変サンプルを採取するなど、積極的に治療、予防に寄与する優れた検査方法です。

 Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


アーカイブ

2017年4月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

  • カテゴリーなし