少し前にお腹に違和感を感じました。痛みとして出たり、なんとも言えない違和感があったりしました。すぐに病院へ行きましたが、上手く症状が言えなかったので、適当な薬をもらい帰宅しました。しかし、それでもその違和感などは消えませんでした。そして、実際に胃の中を見てみましょうという事になり、カメラを入れて見てみると、大きめのポリープを発見しました。通常は何も感じない様なのですが、それを切除した事によって、症状が無くなりました。もしかしたら気持ち的な物だったのかもしれませんが、実際に見てもらい、ポリープが発見できたので良かったです。一度、ポリープが出来ると、何回もできてしまう恐れがあると聞きました。なので、定期的に検査をしてもらおうかなと考えております。自分の健康を守るために、検査をしていきたいと考えております。

胃カメラ検査をなるべくラクに受ける

胃カメラ検査の重要性はわかっていても、飲み込むのがつらく苦しいので苦手という人もいます。胃カメラをする時はまず喉に甘くない水あめ状の麻酔薬を10分以上ごくんと飲み込まずに置くよう指示されます。これは喉の痛みを感じさせないようにするためのものですが、まずは喉の部分をリラックスさせるのがつらさを感じないようにする1つめのポイントです。口から入れるのは苦しいけれど鼻の穴からなら比較的ラクに入れられるという人もいます。それでも緊張する場合は検査の間点滴などで麻酔をしてもらい、眠った状態でする方法もあります。結論として体の力を抜いてリラックスすれば検査の苦痛も和らぎます。そうは言ってもどうしても緊張してしまいそうですが、何かあれば早期発見できてちょっとしたポリープなどはその場で取ってしまえる便利さもあるので自分の健康を守るために抵抗なく受けたい検査の1つです。

胃カメラは怖くありません

先月、胃カメラの検査を受けました。初めての経験だったので、本当に緊張をしましたし、何よりも怖かったです。苦しかったり、痛かったりするのかと不安になることばかりでした。そこの病院は新しく出来たばかりだったので、口コミなども分かりません。先生の技術力も分かりません。不安なことばかりでした。しかし、やってみたら何てことはありませんでした。なぜなら、寝ていたからです。注射を打たれた瞬間に寝てしまいました。起きた時には、胃カメラの検査が終了しており、ポリープの切除までされておりました。まさか寝ているうちに終わってしまうとは考えておりませんでした。そのような事を経験したので、もう怖くありません。また定期的に受けようかなと考えているので、次も同じように寝ている間に検査が終了してくれれば良いなと考えてます。

当サイトでは1年365日予約受付システムでのサービスを行っております。 経験を積んだ内視鏡技術と軽い鎮静剤により、無痛で楽な内視鏡検査を行っております。 内視鏡は痛いからいやだというイメージを持っている人であっても、当院の痛くない内視鏡によって検査を受けることができます。 体の内側の隅々まで検査する主力商品や納得していただける様々なサービスを提供しているため、満足していただけると思います。 胃のカメラはたまプラーザ南口胃腸内科クリニック

 Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


アーカイブ

2016年9月
     
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー

  • カテゴリーなし